Skip to content

Jimdoデザインのカスタマイズ方法

専門知識不要ですぐにホームページを開設できる、その手軽さが最大の特徴となっているJimdo(ジンドゥー)ですが、実はカスタマイズすることでかなり自由にデザインをいじることも出来てしまう本格派CMSという一面も併せ持っています。

このページではJimdoクリエイターによるホームページ作りのポイントについて簡単にご紹介しています。マニュアルを見なくても直感的に操作できるJimdoですが、以下の4つのポイントをあらかじめ押さえておくだけで最初から効率よくホームページを作れるようになります。

デザイン変更4つのポイント

カスタムするならクリエイター

Jimdoのホームページ作成サービスにはAIビルダーとクリエイターの2種類がありますが、HTMLやCSSを操作可能なのはクリエイターに限定されています。1度作成したホームページを後からもう一方のサービスに乗り換えることは出来ませんので、カスタマイズ前提の場合は最初からクリエイターを選んで作り始めましょう。

反対にAIビルダーならではのメリットも勿論あります。中でもホームページに掲載できる写真がJimdo側によって予め多数用意されている点と、フェードインやスライドインといった簡単なアニメーション効果をクリックひとつで実装可能な点は、クリエイターには無いAIビルダーならではの大きな魅力となっています。

ブログやネットショップの機能は必要ない、あるいはネット上の名刺代わりとして小規模なホームページを開設したいといった目的なら、わずか3分でホームページが完成するAIビルダーも十分魅力的なツールと言えます。

Jimdoでは一つのアカウントで複数のサイトを作成できますので、まずは2つのサービスを両方とも試して色々と比較してみるのも楽しいと思います。

レイアウト選びからスタート

Jimdoクリエイターではあらかじめホームページのひな型(テンプレート)がレイアウトという名称で40種類近く用意されています。その中から好きなものを選ぶことで簡単にページが出来上がる仕組みになっています。

レイアウトは大きく分けて縦一列で構成される1カラムタイプと縦2列の2カラムタイプに分類されます。2カラムではサイドバーがホームページの左右どちらかに表示されるのに対して、1カラムではサイドバーがホームページ下部に表示(フッター直上)されます。

カラム数の変更など、ホームページの骨組みに係わる部分のカスタマイズはどうしても作業が複雑になりがちです。まずはご自身のイメージに最も近いレイアウトをじっくり選んでから、そこに最小限のカスタマイズを施していくことで理想のホームページを目指していきましょう。

ホームリンクは削除しない

ナビゲーションメニューの中に最初から含まれているホームと書かれたリンクは単なるリンクではありません。削除するとホームページそのものも一緒に消えてしまうため不要な場合は編集画面にある目のマークをクリックして非表示に切り替えるようにします。

Jimdoではページの新規作成はこのナビゲーションメニューの中で行います。メニュー項目と実際のページは紐づけされているので誤って削除しないように十分気を付けてください。

バックアップは忘れずに

Jimdoにはユーザーが自発的に行えるホームページのバックアップ機能といったものはありません。デザインのカスタマイズを行う際は、いつでも以前の状態を確認できるよう予めページのソースコードを丸ごと保存しておくと安心です。

ページの保存はブラウザ上から簡単に行えます。例えばGoogle Chromeなら右上のメニューを開いて「その他のツール」→「名前を付けてページを保存」→「WEBページ、HTMLのみ」といった順序で保存できます。またFirefoxやMicrosoft Edgeといった他のモダンブラウザにも同様の機能があります。

Category

Archive